テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

子連れ基礎スキーヤー奮闘記

スキーブーツのD・I・Yチューンナップ シェルプレスツール使用時のレンチ故障の原因と対策

   

スキーブーツをD・I・Yでチューンナップするにあたり必要となる、シェル出しツール「シェルプレス」製作についてご紹介しましたが、このツールを使うにあたり心臓部の「ターンバックルの長ナットを伸ばしたり(シェルを押し出す)縮めたり(取り外す)ときに便利なショートギアラチェットレンチが、壊れてしまう原因とその対策について。

シェルプレスツールはこの画像の状態でスキーブーツの中にセットします。

image

しかし、センターの長ナット部分から横方向に自由にスライドするので、ナット部分から外れてしまうこともあります。

image

この状態で、ラチェット部分にナナメに力が加わると意外と簡単にラチェット機構が壊れて使えなくなってしまいます。

対策としては極めて単純ではありますが、長ナットの両端に輪ゴムを巻きつけること。

image

あまりカッコ良くはありませんが、レンチのストッパーとしては充分に機能してくれるので、ショートギアラチェットレンチの故障を防ぐことが出来ます。

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーインストラクター・技術へ

 - DIY, スキーマテリアル