テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

子連れ基礎スキーヤー奮闘記

オークリーのゴーグル フライトデッキかキャノピーか

      2015/10/29

いま話題の「プリズムレンズ」をぜひ使ってみたくて、オークリーのゴーグル購入を検討中なのですが、まずはどのモデルにするかというところで迷います。


ワタクシは眼鏡の使用を前提としているので「眼鏡使用可能」のモデル。
当然ですがプリズムレンズが使用できるもの。

以上の条件に当てはまるのが、「フライトデッキ」、「フライトデッキXM」「キャノピー」「エアブレイク」の4モデルになります。

このうち、エアブレイクはデザイン的にパス。

フライトデッキとフライトデッキXMでは単純に大きいゴーグルのほうが(ゴーグル内の容積の大きいほうが)曇りにくいので、XMはパス。

ということで候補としてはキャノピーフライトデッキということになります。
image
image
そして、肝心のプリズムレンズですが、レンズの価格別に2種類あります。

ベースとなる「プリズムローズ」レンズと、それにミラーコーティングを施した「イリディウム」レンズ。

その、プリズムイリディウムレンズのなかでも「ブラックイリディウム」とその他があり、それぞれで可視光線率が違うのです。

レンズ単体での価格差が7000円と大きいのですが、(もちろんゴーグルとのセットでも、レンズ単体よりは小さいものの価格差が)一番オールラウンドに使えそうなのは、ブラックではないイリディウムレンズということになりそうです。

そして、プリズムレンズ搭載のフライトデッキでは、いちばん安価なのがプリズムローズレンズ搭載のフライトデッキ
定価が24840円。
フライトデッキで、プリズムのイリディウムレンズ搭載モデルでは定価30240円。
やはり、高価ですねえ。

キャノピーでは、プリズムローズレンズ搭載モデルの設定はなく、プリズムイリディウムレンズ搭載のモデルのみになります。
お値段が25920円から。

ということで、価格的にいちばん安いのはフライトデッキのプリズムローズレンズ搭載モデルなのですが、キャノピーのプリズムイリディウムレンズ搭載モデルと1080円の価格差です。

どちらにしても高価な買い物になるので、「安いほう」ではなく、自分にとってより良いものをチョイスしたいトコロです。

レンズのカラーがプリズムローズとプリズムイリディウムの差もさることながら、フライトデッキとキャノピーではどちらが使い易く曇りにくいのかというのも問題です。

もちろん、眼鏡との相性も気になります。

実際にお店で見せて、試着させてもらうのが一番ではありますが、高価なものだけに店頭にあるものはパッケージに入ったまま。

試着用のものなど置いていないので、スグに購入するわけでもないのに試着させてもらうのも気がひけます。

悶々としながら、楽天で最安値のショップなど検索していると、こんなショップを発見。

オークリーの主要なゴーグルのサイズを計測して公表してくれています。

参考になるなぁ。

やはりフライトデッキよりもキャノピーのほうが一回り大きいようです。

ということで、キャノピーにしようかな。

オークリーのゴーグルを使っているアルペンレーサーのアクスルランドスピンダルが使っているのもキャノピーなので、間違いなさそう。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーインストラクター・技術へ
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

 - スキーマテリアル, スキー雑談