テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

子連れ基礎スキーヤー奮闘記

スキー板のホットワックス掛けの基本 その3

   

スキー(スノーボードも)にホットワックスをかけるということのいちばん「キモ」といって良いのがじつはワックス掛けそのものよりもかけたホットワックスを剥がすことなんですよね。

img_3022

ワックスをかけてから、少なくともスキーが常温まで冷めるまで待ってからまずプラスティックのスクレイパーでワックスを剥がすのですが、作業前に、あるいは合間にもスクレイパーを研いでシャープにしておくことが大切。

img_3023

スキーのトップからテールに向かってスクレイパーをしっかりとソールに押し付けてワックスを
剥がしていきます。

4,5回スクレイパーで剥がしたら、ブロンズブラシを使って、スキーのソールのストラクチャーに詰まったワックスを掻き出すつもりでしっかりとブラッシング。
仕上げにナイロンブラシでブラッシングしてフィニッシュです。

img_3020

最終仕上げのワックスではなく、ベースの段階でもこのスクレイパーとブラッシングをしっかりと繰り返すことでより良い滑走面に仕上がります。

img_2995
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーインストラクター・技術へ
にほんブログ村

 - DIY, スキーマテリアル, スキー技術, スキー雑談