テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

子連れ基礎スキーヤー奮闘記

小学6年生のスキー選び 続編 中古スキーのチェック

   

中古で購入した長女のためのスキー。
とりあえずは「曲がり」のチェックから。
img_3444

スキーの板を合わせて横から覗きこんでみます。
左右のラインが違ったりしないかしっかりとチェック。
ココで左右のスキーの「アーチベンド」のカーブが異なるようであればスキーが曲がっているということ。
板が曲がっている場合、修理も出来るらしいですが、メーカーかショップに相談ですね。

お次は滑走面がフラットかのチェック。
img_3500

スクレイパーを押し当てて、スキマがないかのチェック。
トップの幅広い部分からテールにかけて何箇所か見た方が良い。
完全に、完璧に「フラット」なのが望ましいのですが、あまり極端に凹凸があるのでなければヨシとし
ます。

そしてエッジ。
img_3508
ざっとチェックしてみたところ、錆びている部分はあるものの大きく削れたり欠損している部分はなく、メーカー製造時のものであろう切削痕が残っているところからそれほど使われていないようです。
img_3512

とりあえず「焼き」が入っているとファイル(ヤスリ)で削れないのでエッジ全域に一度オイルストーンをかけておきます。

ソールには少々の傷が見受けられたので「リペアキャンドル」で埋めておきました。
img_3493
img_3495

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーインストラクター・技術へ
にほんブログ村

 - DIY, スキーマテリアル, スキー雑談, 子育て