テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

子連れ基礎スキーヤー奮闘記

左足ブレーキ

   

先日から気にしている、スキーブーツの中での足首や足裏の使いかた問題。

具体的には足首をしっかりと「締め」て(固めて)足裏の内反、外反でエッジを立てる/エッジを外すことをターンの各局面にあわせて的確に使うことなのですが、やはり右足と比較して左足がうまく使えない。

単純に右利きだからアタリマエのことだと思っていましたがよくよく考えるとクルマを運転するときにアクセルやブレーキの操作をする右足にたいして、なにもしない(マニュアルの車ではクラッチ操作をしていましたが)左足。
つまり普段から足首を使う訓練を自然とおこなっている右足となにもしない左足では器用さに差が出てくるのは当然です。

そこで、ATの車ではアクセルはともかくブレーキは左足で操作することができるので(もちろん安全を確認の上でというのは大前提ですが)「左足ブレーキ」の練習をしてみると、いかに左足が使えないか思い知ることになるワケです。


最初は急ブレーキになったり、思ったより制動距離が伸びてしまったり。
右足では当然のようにおこなっていたブレーキ操作が左足では難しいこと難しいこと。

なんとかスムーズに左足ブレーキができるようになってもしばらくはかなりの注意力が必要となるはず。

これが、とくに意識せずとも思いのままに操れるようになれば、スキーのときに言うことを聞かない「バカな左足」とオサラバできるのかもしれません。

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーインストラクター・技術へ
にほんブログ村

スキー ブログランキングへ

 - オフトレ, スキー技術, スキー雑談