テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

子連れ基礎スキーヤー奮闘記

ヘッド ラプター B3RD

   

先日購入したHEAD RAPTOR B3 RDのファーストインプレッション。

シェルの厚みがしっかりあってけっこうゴツい。

ブーツ自体が手に持ったときけっこう重量感あります

そして、足入れがしにくい。

足入れがしにくいので、ブーツに足入れしたあとにしっかりとカカトをヒールポケットに収めてあげるのが大切。

カカトをしっかりと収めないと窮屈に感じるけれど、カカトさえきちんと収められれば意外とキツくない。

ワタクシの場合、この手の「選手用ブーツ」はシェルの加工ありきで購入していましたがこのブーツはこのままでもいけそう。

真上から見ると指先まわり(特に親指側)にゆとりがあるのがわかりますね。

足入れ時に感じたシェルのゴツさとは打って変わり、履いてみるとけっこうしなやかなシェル。

サイド側は剛性感がありつつ前方のフレックスは意外と硬くない

特徴的なバックルはがっつり締め込んでもブーツのフレックスを損なわないうえにバックルの開け閉めがおこない易くて良くできていますね。

ヘッド ラプターは純正のパワーベルトも「ブースター」ですが、手持ちのホンモノのブースターストラップに付け替え、インソールを前のブーツから移植して今週末滑ってみます。

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーインストラクター・技術へ
にほんブログ村

スキー ブログランキングへ

 - スキーマテリアル