テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

子連れ基礎スキーヤー奮闘記

2017/2018ニューモデルスキー試乗記 オガサカTC−SC

   

さて、氷ノ山国際スキー場で試乗してきたニューモデルスキーのインプレッションです。

スキーヤーのスペックは、身長178cm、体重78kg
技術レベルは1級 テクニカルプライズ受検用(ショートターン、コブメイン)のスキーを想定して試乗しました。
現在メインで使用しているスキーはオガサカTC−SH165㎝

試乗コースは氷ノ山国際スキー場のロマンスコース。

天候は晴れ。
雪質は朝のうちは硬めで滑走性が良かったものの午前10時を過ぎるころからは水分の多い湿った雪質に変化してお昼頃には部分的にかなり強烈なストップスノー。
大回りは「不整地大回り」というような状況でハッキリ言ってどんなスキーでも滑るのが難しいような状況。

最初に試乗したのは、愛機の後継モデル、オガサカTC−SC 165㎝(FLプレート)

デザインはカッコ良くなったように思います。
この時点ではまだ滑りやすい雪質でしたがTC−SHよりすこししっかりしたかな、という感じ。
空いていたので目一杯大回りしてもしっかり安定。
ショートターンはTC−SHよりも板の走りがでてる反面、スキーの動かし易さという点では自在性が減った。

終了間際にもう一度履いてみて。
他社のスキーを履いてからこのスキーを試乗するとなんのかんのと言ってもやはりオガサカ。
操作性の高さを再確認。
TC−SHより対象ユーザーに高い技術を求められるようで意外に間口は広いのかな。

コブ斜面もOK。

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーインストラクター・技術へ
にほんブログ村

スキー ブログランキングへ

 - スキーマテリアル