テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

子連れ基礎スキーヤー奮闘記

坊也哲

      2015/09/26

本日は東大阪市でランチタイムを迎え、以前からの宿題店、「坊也哲」さんへ。

こちらは、ワタクシの住んでいる豊中市にある、「麺哲」さんの支店ということで前々から気になっておりました。

場所は、中央環状線沿い、近畿自動車道の東大阪JCTを少し南に下ったあたりにあり、お店の先に大きなパーキングがあるのでクルマで訪問し易いのが良いですね。

image

人気店だけに、時間によっては待たなければならないようですが、豊中の本店と比べると格段に広くて席数が多い(テーブル席まである!)ので、本店で並ぶのと比べるとさほど待たなくても良さそうです。

ワタクシが訪問した13時前だと、ちょうど1席が空いてスグに座ることができました。

麺哲さんでのワタクシの定番メニュー「肉醤油」ラーメンでも注文しようかと思ったらメニューの裏に限定らしき「せせり中華そば」(800円)というものを発見。
そちらを注文してみました。

image

「せせり」とか「中華そば」というワードから連想するアッサリしたイメージとは違い、真っ黒なスープの中華そばがでてきて少々びっくり。
場所柄、「高井田系」ラーメンのイメージなのでしょうか?

スープを啜ってみると、見た目のイメージほどしょっぱいものではなく、すこし酸味が効いていてとても美味しい。
卓上にコショウなどの調味料が一切置かれていないのは本店と同じ。
デフォルトで味のバランスが取れているという自信のあらわれでしょうか。

麺は、麺哲さんで食べるのとかわらない、ツルツル、シコシコの美味しい自家製麺。

美味しく焼かれたせせりのほかに、チャーシューもたっぷりトッピングされていて嬉しい限り。

夢中で食べているとあっという間に麺が減っていき、あわてて「替え玉」(100円)を注文。

店長さんに、スープ飲まんと待ってて〜などと言われてしまったので、替え玉は早めにお願いしたほうが良さそう。

替え玉には、丁寧にタレがかけられて、チャーシューが一枚ついてきて、美味しいのはもちろんお得感満載。コレはかなりのサービス品ですね。

ということで、久しぶりに「麺哲」のラーメンを満喫。

イメージしていた、澄んだ醤油スープとはイメージが違う「せせり中華そば」でしたが、大満足の昼食となりました。

そして、レジで支払いをすると、駐車サービス券まで頂けて至れり尽くせり。

本店のほうも久しぶりに食べに行かなくちゃ。

関連ランキング:ラーメン | 若江岩田駅八戸ノ里駅

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

にほんブログ村 グルメブログへ

 - グルメ, ラーメン