子連れ基礎スキーヤー奮闘記

テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

グルメ 子育て

夏休みの家族旅行 2014年

更新日:

少し前になりますが、恒例の家族旅行へ出かけました。

目的地は兵庫県の赤穂。
我が家の家族旅行では、まず愛犬マックス君を連れて宿泊できる宿探しからスタートします。

過去には伊勢志摩方面、長野県白馬村、高知県などに旅行へ行きましたが今回はこんな良さげなペンションを見つけて予約出来たので赤穂へ。

大阪から赤穂へは、中国自動車道から山陽道を経て200kmくらい。普通に走って2時間くらいでしょうか。

阪神高速神戸線を使うルートもありますが、平日は大阪から神戸方面へ向かうと確実に渋滞があるのでパス。

出発まえ、宿を予約して、初日に海水浴。そして帰りに姫路セントラルパークに寄って遊ぶ、というおおまかなプランだけ立てていたのですが、忙しかったこともあり、詳細なプランは立てられないままの見切り発車になってしまいました。

昔は、こういう時に詳細な下調べは必須でしたが、携帯が「スマホ」になってから出先でもいろんな情報をサクサク検索できるので助かりますよね。

さて、出発当日は、予想通り予定の30分遅れでの出発となりました。
そして平日の中国自動車道は、まず渋滞は発生しないのですがこの日は中国池田ICから5分ほど走ったところで渋滞発生。
ノロノロ運転で西宮名塩SA手前まで走るハメになり予想外のタイムロス。

どうもトラックの故障車がいたのが渋滞の原因のようです。

赤穂くらいまでの距離なら、途中休憩はせずに一気に走りたかったのですが、子連れではなかなかそうもいかず、山陽道に分岐してしばらくの三木SAでトイレ休憩。
ついでにマックスにもトイレをさせ、水を与えて休憩していると、まだ仔犬の面影の残る若いラブラドールレトリバーがいて、お互いに遊びたがっていたのでドッグランで(そう、三木SAにはドッグランがあります。)遊ばせてやり、思いがけない楽しいひとときになりました。

そんなこんなで8時半に出発して赤穂に着いたのはお昼前。
昼ごはんをどうするかと悩んだものの、助手席の嫁がiPhoneでサクサク検索し「おさきかもめ屋」というステーキと海老のバター焼きが名物のお店へ行ってみると大当たり!
ぷっりぷりの大海老のバター焼きはもちろん、ステーキも良い肉で非常に美味しくボリューム満点。大満足のランチを味わうことが出来ました。

image

image

おなかがいっぱいになったら、本日のメインイベント海水浴。

なのですが、事前の嫁さんからの情報によれば本日のお宿「ペンションへるつ」さんから徒歩圏内で海水浴へ行くことが出来そう、ということだったのでクルマを停めさせてもらい、マックスを預かってもらって徒歩で海水浴に行くつもりだったのですが、宿に到着して聞いてみると徒歩では少々遠いとのこと。

とりあえずマックスを預けて最寄の「赤穂海浜公園」へ向かってみるものの、海水浴場らしきものは見つからず。

しかたないのでカーナビの地図に表示されていた「福浦海水浴場」へ向かってみるもののうまくたどり着くことができず、少々焦りましたが、道路沿いにある旅館のそばで待機していたバスの運転手さんに聞いてなんとかたどりつくことができました。

ようやく海水浴場に辿り着いたのは15時前。
ですが、わかりにくいところだけあって貸切状態で、クラゲと戯れたり、潮溜まりで見つけたヤドカリと遊んだりで子供たちが大喜び。

image

image

十分に遊んだら宿へ戻るだけなのですが、海水浴場を探しているときに温泉があるのを見つけ、入って行こうということに。

リーズナブルなお値段で日帰り入浴させてくれる「かんぽの宿」でゆったりと温泉に入ることができました。

image

温泉に入ったあとは、宿に戻ってお待ちかねの晩ご飯。
ペンションへるつさんは、地元で取れた新鮮な魚介をふんだんに使った食事をお腹いっぱい食べさせてくれるということで、とても楽しみにしていたのです。

image

色とりどりの前菜盛り合わせがでてきて、すかさず白ワインのボトルも注文。
前菜をツマミにワインを楽しんでいると、お次は鯛素麺がお出ましに。

image
鯛の旨味を吸った素麺も美味ですが、鯛の身が美味しくて。
魚好きの次女にほとんど取られてしまい、あまり味わうことはできませんでしたが。

image

そして、肉料理(豚肉でした)が出て。

image

image

そして、メインの「鯛しゃぶ」。
新鮮な鯛の切り身をサッとお湯にくぐらせて、ポン酢で頂くのですが、これが絶品。
子どもたちに与えると、ガツガツと貪るように平らげてしまい、ワタクシと妻にはほんの1切れ、2切れしか当たりませんでした。

image

デザートに美味しいフルーツまで出てきて大満足。
これだけの食事内容で(もちろん、翌朝の朝食も付きます。)大人一泊9180円と、大変良心的な料金設定のペンションでした。

食後には、へるつさんの隣の大きな公園で花火を楽しみ、盛りだくさんの一日は終わりを告げるのでした。

-グルメ, 子育て

Copyright© テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.