テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

子連れ基礎スキーヤー奮闘記

小学6年生のスキー選び 続編 中古スキーのチューンナップ

   

一通りスキーのチェックが終わったら、引き続きチューンナップをおこないます。

操作性を重視してベースエッジ(滑走面側側)のビベル角を1度着け、サイドエッジを89度。

きちんとエッジを立ててオイルストーンでなめらかに仕上げました。

img_3503

基本的にエッジはしっかりと立てておき、操作性(ずらし易さ)はベースエッジのビベリングで確保するのが得策だと思います。

また、初級、中級者用のスキー板ではそれほどトーション(ねじれ剛性)が強いとも思えないのでエッジをギンギンに立てたところでずらすのが難しい、エッジが噛んで外れないといったことにはならないだろうと予想しております。

幸いにもレンタルビンディングが付いているので一度自分で履いて確認することもできますね。

最後にホットワックスを3回ほどかけてやり終了です。

img_3522

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーインストラクター・技術へ
にほんブログ村

 - DIY, スキーマテリアル, スキー雑談, 子育て