子連れ基礎スキーヤー奮闘記

テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~

スキー滑走日記 子育て

子ども連れスキー3日目 ばんしゅう戸倉スノーパーク

更新日:

昨日はお正月休み以来のスキーに長女と二人で行ってきました。

前回の家族スキーのときに嫁のブーツが加水分解で割れてしまい、まだ購入できていないのもあり(ヤフオクで物色してるのですが、シーズン真っ最中ということもありなかなか競争が激しいです・・・)今回は次女とお留守番。

スキー場は、これもヤフオクでリフト引換券を安く購入できたばんしゅう戸倉スノーパークへ初めて行ってみることにしました。

いつもプラスノーでお世話になる若杉大屋スキー場の近くに位置するばんしゅう戸倉スノーパーク、子ども(小学生)のリフト料金が1000円(1日券)、大人3500円で駐車料金も土日500円と良心的な価格設定。

大屋スキー場も似たような料金だったはずですが、スキー場入口近くの下り坂が危険で4年目のスタッドレスでは近寄る勇気がないことと、ペアリフトが1本しかないので子どもが一人でリフトに乗れるようになるまでは足がむきません・・・・。

戸倉は国道から近く、駐車場まで難所もありませんのでアプローチが楽ですし、駐車場からゲレンデまでも近かったですよ。

ばんしゅう戸倉P

スキー場に到着していきなり急斜面(振子沢ゲレンデ)が目に入り、子どもが滑れるかどうか少々不安になりますが、リフト1本上がると中、緩斜面が拡がっているので快適に子どもとのスキーを楽しむことができました。

ばんしゅう戸倉斜面ばんしゅう戸倉ゆう

このスキー場のなかで最もハードな振子沢ゲレンデ、下山するときにはリフトに乗車することができるので子どもや初心者にも安心です。

今回は迂回コースを降りるつもりが分岐がわからず、最大斜度38度、平均斜度25度の振子沢ゲレンデを僕が先導しながら滑り降りました。

さすがにかなり怖かったようですが、2回程転倒しつつもなんとか自力で滑り降りることができて自信がついたみたいで、何時かチャレンジしてきちんと転ばずコントロールして降りることができたのにはびっくりしました。

ばんしゅう戸倉スノーパーク、子ども連れスキーにはなかなか快適でしたよ。

長女もたくさん滑って楽しかったようで連れて行ったかいがありました。

-スキー滑走日記, 子育て

Copyright© テクニカルへの道~ROAD TO TECNICAL~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.